2017年04月23日

アルザス語を初めて耳にしました。 今回、現在のユーロ経済社

Q:アルザス語を初めて耳にしました。 今回、現在のユーロ経済社会の原型とも言われるライン川地溝帯の独仏国境沿いの街を散策してきました。 泊まった宿は、ライン川を挟んで近くに位置するフランスのストラスブールのユースとドイツのケールのユースでした。 町自体はストラスブールの方が圧倒的に大きいのですが、こと私が滞在したそう大きくもない橋(ヨーロッパの大河とも言われるライン川が多摩川や荒川より小さいのには驚きましたが)を挟んで隣り合わせにした地域は、ケールの方が賑やかな繁華街や住宅街を形成しているのに対して、フランス側は静観としたブドウ畑でした。 そして、やはり想像していた通り、 この独仏国境地域は、そのいくつかの橋を挟んで市民の自動車・バス・電車・自転車そして徒歩と往来移動は全くの自由で、 そこで暮らす市民たちもどっちがフランス人だかどっちがドイツ人だかわからん民族が普段の日常生活を営んでいました。 建物や公共施設の造りもほ\xA4
榮韻犬如△修涼楼茲任篭δ未侶翟濟楡濱鞍澔饉劼ⅷ匆颯ぅ鵐侫蕕魴翮ご浜鋌娠弔修靴栃歇蕕鬚靴討い襪里任呂覆い任靴腓Δʔ\xA9 地域社会の中心ともなる教会の造りでさえも、双方とも同じ様な形状や種類の建材部材を使用していたと思います。 しかしながら、その地域で暮らす市民たちの会話を彼らが集まる教会前の広場や公園や商店街で耳を澄ませて見ると、 そして、小学校の校庭ではしゃぐ子供たちの会話を聞いてみても、 やはり、ライン川国境で綺麗にフランス語ドイツ語とに分かれるのが事実のようです。 しかし、そんな中、 日が沈みケールの街の居酒屋に繰り出してみて、 何軒かハシゴをしたのですが、 最後に立ち寄ったサッカー好きの集まる、ビールバーカウンターの店には何人かのドイツ人の酔っ払いが、バイエルンミュンヘンとアーセナルのヨーロッパチャンピョンシップの試合を観戦しながら、ミュンヘンが得点を重ねるたびに大騒ぎをしていて、 (完敗したアーセナルのベンゲル監督は地元出身のアルザス人のハズですが、そんなのおかまいなしでしたね。) そこでサッカー談義を熱く繰り広げ
ている連中たちの会話を聞いたところ、 ドイツ語では無いフランス語に近い言語が飛び交っていたと思います。 そして、たまたまその店の最近来日経験もあるドイツ人女性マスターが日本での滞在中、広島や京都で写したスマホの画像をニコニコしながら私に見せながら、 英語で言うには、 「今店で飛び交っている言語がアルザス語ですよ。」と教えてくれました。 私の判断では、ケール市民の昼間の言語はドイツ語ですが、ケール市民の夜の言語はフランス語に近いアルザス語を喋りはじけているという感想ですが、 要するに、フランス国境に近いドイツ人たちは気の置けない仲間たちと酔っぱらうと、 ついついフランスのイントネーションにとても近いアルザス語が飛び出してきてしまうような気がしましたが? 実際いかがなものなのでしょうか?


A:やたらと長い文章だがいったい何が言いたいのだ?

東京ディズニーランドとディズニーシーに家族で行く予定を立てた
蒸気機関と内燃機関のメリットデメリットをそれぞれ教えてくださ
千葉県ではPiTaPa使えますか
南バスターミナルからカンチャナブリ行きのバスにはキャリーバッ
空母、飛行機より遅いですか。
我々若者は年金を払っても良いのだろうか・・
posted by 旅行!観光!豆知識!! at 17:41| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください